katana-final.jpg

​剣武天真流

Kenbu Tenshin Ryu

Our Practice

稽古について

天真思想 〜すべての稽古の基盤思想 〜
a36 のコピー.jpg

剣武天真流の稽古は、「天真思想」(青木宏之提唱)を基盤に作られています。

「天真」とは大宇宙とそこに満ちるエネルギーのことで、剣武天真流の稽古目的は天真エネルギーと融和し、それにより真の自由を得て、人々と相和して生きていくことです。

この「天地人々ワレ一体」を実現するために生み出された剣術が、剣武天真流です。

心・体・技を総合的に育てる
a62 のコピー.jpg

剣武天真流の稽古では、宗家青木宏之が開発した独自のカリキュラムに則り、「天真柔操」、「天真体道基盤体技」、「剣武」の稽古を組み合わせることで、心・体・技を総合的に開発・育成してゆきます。

 

これらの要素は、「静と動の瞑想」「気の交流」「精神の成長と自己表現」 を促し、深くて自然な精神統一へと導きます。

稽古では、一人で行う動きや型のみならず、相手と調和して行う組手や、激しく気を交流させてお互いに新しい世界へと展開させてゆく組手など、バラエティー豊かな稽古法があることも剣武天真流の魅力の一つです。

稽古を通し、他者との調和・融和などを体感し、自己凝視を深め、成長させることで、一人一人が豊かな人生を創造する力を養います。

入門しやすいカリキュラム

「天真柔操」「天真体道ボディーワーク」で十分ほぐれた心身で剣を持ち、様々な型、動き、組太刀(木刀使用)などを学びます。

初級の型から上級の型、短い型から長い型まで様々な型があり、日本刀の曲線を生かした、しなやかで流れるような円転の剣技を学ぶことが出来ます。

 

刀技は、まずは礼法などのごく易しい技から始まります。そして次第に、抜納刀法各種、基本型、高難度の組み合わせ技、勇壮活発な連続抜刀型、美しい自己表現ができる剣舞、相手と一体感を持って行う組太刀型、などを身につけていきます。

 

通常の稽古では、上記「天真柔操」や「天真体道ボディーワーク」に含まれる体づくり基礎体操や基本体技、そして基本刀技を中心とした合同稽古を行い、まずは徹底的に心身をほぐして意識や五感を活性化させます。

その後、段級別に分かれて型の稽古を行うことで体をしなやかに、バランス良く使いながら丁寧に型を学んでいきます。

定期審査に向けて、それぞれが各自の段級の型や動きを正確に学び、準備するための段階別稽古も行います。

このような独自のカリキュラムにより、柔軟で健康的な体をつくり、効率の良い体の使い方や、美しく正しい技・型を総合的に体得していきます。

剣武天真流にはこのように確実に稽古がステップアップし、展開していくための豊富なカリキュラムが用意されています。

稽古風景
天真柔操.jpg

天真柔操

わかめ体操.jpg

わかめ体操

a172.jpg

流動体組手

模擬刀.jpg
木刀.jpg
袋竹刀.jpg

袋竹刀稽古(弐段以上)

模擬刀稽古

木刀稽古